最近キャバクラでブーム?キャバ嬢が直引きを行うデメリット・危険性

最近キャバクラでブーム?キャバ嬢が直引きを行うデメリット・危険性

キャバクラで流行りつつある「直引き」とは

今キャバクラ業界で流行っている「直引き」という言葉を知っていますか?

直引きとは、キャバ嬢がお客さんとデートなどに行って、お店を通さずに直接お客さんからお金や物をもらうこと。

「パパ活」や「裏引き」とも言いますね。

パパ活が流行り始めた時からキャバクラ業界でもちょっとずつ流行りはじめて、私の同僚のキャバ嬢にも直引きをしている人がいました。

確かに、お店を通せば直接もらえるのは売上バックの何割かの報酬と時給だけ。

直引きすれば1回のデートで数万円単位のお金をもらうことができるので、魅力的に感じる方も多いかもしれません。

しかし、直引きにはデメリットもたくさんあり、禁止にしているお店がほとんどです!

この記事では、今キャバクラ業界で増えている直引きの危険性やデメリットについてお教えします。

直引きのデメリット

「パパ活なんて今はキャバ嬢じゃなくてもやってる人もいるから、私がやったって大丈夫でしょ!」

そう気楽に直引きを始めるととても危険!
リスクも多いので、やらないほうが身のためです。

直引きをすることで、お客さんと思わぬトラブルに発展することもあるんですよ。

直引きのデメリット3つについてご紹介します。

相手に本気で恋愛感情を持たれる可能性がある

直引きをする場合、同伴やアフターなどお店の営業とは別としてデートに出掛けることになります。

お店を通せば単なる営業で済む一方、相手からすればお店関係なしに会ってくれるキャバ嬢と見られ、キャバ嬢ではなくひとりの女性として本気で恋愛感情を持たれる可能性もあります!

もちろんキャバ嬢としてお店を通して営業していたとしても恋愛感情を持たれる場合はありますが、その場合はお店が守ってくれます。

でも、直引きをすれば自分を守ってくれる人はいません。

さらに、お客さんからの貢ぎ金が高額になればなるほど、恋愛関係を持ち掛けられて断った場合、「俺はこんなに君に貢いだのに!」とトラブルに発展する可能性も!

あなたがそのお客さんと本当に付き合う気があるならまだしも、そんな気持ちが無いのであれば直引きは避けましょう。

ストーカーになるケースがある

直引きはお客さんから見るとお店を介さない分、キャバ嬢とより親密な関係になることができたと錯覚されやすいです。

そしてお客さんが本気でそのキャバ嬢に恋愛感情を持って告白して、それを断った場合。

その場でトラブルになって喧嘩別れのような結末に迎えるだけでも悲惨ですが、中にはそのキャバ嬢を諦められずストーカー化してしまう人も!

家の前に居座られたりお店の裏口で待ち伏せされたりと、お客さんを犯罪者にしてしまう可能性もあります。

ストーカー化したお客さんにお店まで付きまとわれたら、そのお店で働き続けることも難しくなってしまいますよね……。

楽にお金を受け取れるからと直引きを始めるとトラウマレベルの恐怖を味わうことになってしまうかもしれませんよ。

お店に出勤しなくてもお金が稼げるために新規客が来なくなる

お店には色んなお客さんが来店します。

時には指名なしでふらっとお店に入ってくるお客さんもいて、そうしたフリー客を取り込んで自分の指名客にするのもキャバ嬢を続けていく上でとても大切です!

しかし、直引きをしていれば特定のお客さんから安定してお金を受け取ることができます。

要するに、お店に出勤しなくてもお金を稼ぐことができちゃいます。

確かにそのことは魅力的に見えるかもしれませんが、直引きの魅力にとりつかれて出勤日を減らしてしまうと危険!

直引きはいつまでも続けられる関係性ではないので、お店に出勤して新規客を取り込む努力をしないと、いつの間にか直引きができるお客さんもお店での居場所も無くなってしまうかもしれません!

まとめ

直引きをすればキャバクラを介さずに定期的にお金を受け取ることができます。

確かに、働かずにお金がもらえる直引きはとても魅力的に見えるかもしれませんが、同時に危険も伴います。
その危険性についてまとめます!

■ 相手に本気で恋愛感情を持たれる可能性がある
■ ストーカーになるケースがある
■ お店に出勤しなくてもお金が稼げるために新規客が来なくなる

このように、直引きできる都合の良いお客さんが悪質なお客さんになってしまうことも。

ちゃんとお店で接客した結果、悪質なお客さんにつきまとわれた場合はしっかりとお店が守ってくれますが、直引きの場合は完全な自己責任です!

安全にお金を稼ぐためにも、直引きは避けてちゃんとお店でお客さんを接客するようにしてください。